Skip to main content

日本歴史言語学会

 Japan Society for Historical Linguistics: JSHL

新着情報
学会案内
入会申込と会費納入
大会案内
研究発表募集
『歴史言語学』
モノグラフシリーズ
会則
大会規定
学会誌規定
その他の規定
役員一覧
研究会・教員公募情報
事務局から
関係資料
お問い合わせ
リンク

日本歴史言語学会
研究会・教員公募情報


 

1.研究会情報

 


 

 

 

 

2.教員公募情報



 

 

 


【すでに終了した研究会・公募情報】


 

David Denison教授講演会
http://jashel.sblo.jp/article/176100673.html 

Kyoto Postgraduate Conference on English Historical Linguistics
http://jashel.sblo.jp/article/176100650.html

 

北海道大学大学院文学研究科の公募情報


北海道大学大学院文学研究科では、「ロシア語学」の分野で准教授1名(採用日:平成29年4月1日)を公募しています。詳細については、下記の北海道大学ホームページをご覧下さい。


https://www.hokudai.ac.jp/introduction/recruit/koubo/0803bungaku-jyunkyoujyu.pdf  


研究発表会「バリエーションの中での日本語史」


主催:大阪大学文学研究科日本文学・国語学研究室
共催:土曜ことばの会

期日:2016年4月30日(土)・5月1日(日)
場所:大阪大学豊中キャンパス 文法経研究講義棟 4階 文41教室
※下記サイト(豊中キャンパスMAP)で6番の建物にあたります。
http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access

■4月30日(土) シンポジウム
13:00―13:10 趣旨説明
13:10―15:10 [シンポジウム1] 「日本語指示詞における地理的・歴史的変異の研究」
 岡﨑友子(東洋大学)・堤良一(岡山大学)・藤本真理子(尾道市立大学)
15:30―17:30 [シンポジウム2] 「「非情の受身」の発達をめぐって」
 青木博史(九州大学)・岡部嘉幸(千葉大学)・志波彩子(名古屋大学)・森勇太(関西大学)
18:00―20:00 懇親会(大阪大学豊中福利会館4階食堂)

■5月1日(日) 研究発表会・シンポジウム
10:00―11:20 研究発表会(午前の部)
[発表1] 「換喩と隠喩における属性のふるまいの相違について」 大田垣仁(近畿大学)
[発表2] 「近代(中央)語の中の鹿児島方言」 岡島昭浩(大阪大学)
13:00―14:20 研究発表会(午後の部)
[発表3]  「西日本方言の否定過去動詞接尾辞 -ananda などを生んだ東日本方言の否定動詞派生接尾辞 -anap-」 黒木邦彦(神戸松蔭女子学院大学)
[発表4] 「個人のスタイル能力に見る通時性―山東京伝が捉えた日本語史―」 渋谷勝己(大阪大学)

14:40―16:40 [シンポジウム3] 「存在表現とアスペクト」
衣畑智秀(福岡大学)・竹内史郎(成城大学)・高田祥司(秀明大学)
16:45―17:30 総括 金水敏(大阪大学)
※スケジュールは変更の可能性がございます。

■事前申し込み
 当日参加も可能ですが,事前申し込みにご協力をお願いいたします。
研究会出欠(4/30・5/1・両日),懇親会出欠(4/30)を森勇太(関西大学)<
moriyuta@kansai-u.ac.jp> までご連絡ください。

■企画趣旨
 近年の日本語史研究では,言語のバリエーションを比較対照し,それらに総合的に説明を行おうとすることが一般化してきました。また,現代日本語や方言を専門とする研究者にとっても,全ての現象が共時的に説明できるものではなく,歴史的な説明が必要であることが認識されつつあります。その意味で,日本語史研究は,単に日本語史の研究者だけではなく,日本語研究者一般にとって重要な領域となっています。

 この研究会では,言語内・外に見られるバリエーションを比較対照する方法を採る研究
者が集って,それぞれの研究の手法を示します。それにより日本語史をバリエーション
の中で捉えることの重要性を示したいと考えています。

 

企画:金水敏先生還暦記念企画有志
岡﨑友子・衣畑智秀・岩田美穂・大田垣仁・藤本真理子・森勇太

土曜ことばの会 事務局
dokotoba@gmail.com


英語史研究会第26回大会

 

 多数のご参加をお待ちいたしております。(準備の都合上、ご出席のご予定をお知らせいただければ幸いです。)

詳しくは http://scotland.cocolog-nifty.com/jshell/ をご覧ください.

日時 2016年4月9日(土)13時10分より
会場 国際基督教大学(〒181-8585 東京都三鷹市大沢 3-10-2)
 東ケ崎潔記念ダイアログハウス2階 国際会議室
 
http://www.icu.ac.jp/about/campus/index.html(17の建物)

<総会> (13:10-13:20)

<研究発表1> (13:20-14:30)

司会 白井菜穂子
1.衛藤安治(福島大学非常勤講師)
「古英詩 Andreas における「神と人との互恵関係」?」

司会 新川清治
2.片見彰夫(青山学院大学)
「中英語散文における魂と身体のワードペア―14世紀神秘主義散文を中心に」  
♪休 憩(14:30-14:50)

<研究発表2> (14:50-16:00)

司会 澤田真由美
3.藤内響子(九州情報大学)
「初期近代英語における動詞の命題補部についての定量言語的研究」

司会 中村不二夫
4.樋口万里子(九州工業大学)
    「進行形の本質的意味機能」

♪休 憩(16:00-16:20)

<A Roundtable on English History in a Liberal Arts Context> (16:20-17:40)
        Yasuyo Moriya, Natsumi Ikoma, John C. Maher & Christopher Simons (ICU)

<懇親会> (18:00-20:00)
    会場 東ケ崎潔記念ダイアログハウス1階 大学食堂

・大会参加費  1,000円

英語史研究会では年会費を徴収していませんが、大会への参加費の納入をお願いしてい
ます。当日受付でお支払いください。

・懇親会費 4,000円(当日受付でお支払いください)

人数を事前に把握する必要がありますので、懇親会に参加を希望される方は3月31日ま
でに下記事務局までメールでご連絡ください。

英語史研究会事務局

〒606-8501 京都市左京区吉田本町 京都大学文学部 家入葉子研究室内
yiyeiri3%yahoo.co.jp (%を@に変更してご利用ください)

・国際基督教大学へのアクセス
JR中央線武蔵境駅から小田急バスで約12分
JR中央線三鷹駅から小田急バスで約20分
※詳細は
http://www.icu.ac.jp/about/access/index.htmlをご参照ください。

・昼食について
大会当日は大学食堂が営業していますが、持参されることをお奨めいたします。なお、
大会会場(国際会議室)は飲食禁止となっております。

 

 日本古代ロシア研究会 月例研究会

時 12月26日(土)14:00より
於 大阪大学 豊中キャンパス(大阪府豊中市)
  文法経本館4階 文化動態論共同研究室
http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/about/access

 終了後,忘年会が開催されます.

お問い合わせ
okamoto@inst.kobe-cufs.ac.jp

その他
http://www.geocities.jp/kodairosia/ 

日本中世英語英文学会 第31回全国大会

時 12月5日(土)~6日(日)
於 慶応大学 三田キャンパス(東京都港区)
http://www.jsmes.jp/blog/congress/programme_31/

プログラム
http://www.jsmes.jp/blog/wp-content/uploads/2015/09/JSMES31.pdf

お問い合わせ
jsmes2015@gmail.com

その他
http://www.jsmes.jp/


国際アーサー王学会日本支部 2015年度支部大会

時 12月12日(土)
於 立教大学 池袋キャンパス(東京都豊島区)

プログラム
http://arthuriana.jp/pdf/2015_programme.pdf

お問い合わせ
iasjp2015@gmail.com

その他
http://arthuriana.jp/ 

 

中世ラテン語写本の写本学・古書体学セミナー 

慶應義塾大学大学院文学研究科は、「慶應義塾 創造クラスタープロジェクト」の一環として、エール大学バイネッケ図書館および慶應義塾図書館の協力により、Seminar on Introduction to Codicology and Paleography of Medieval Latin Manuscriptsを開催します。

 日時:2015年8月24日(月)~28日(金) (10:00~17:00) 

 場所:慶應義塾図書館5Fセミナー室

 定員に若干の余裕がありますので、慶應義塾大学大学院文学研究科所属の大学院生、PD以外の方で、参加を希望する方を若干名募集いたします。参加資格は慶應義塾大学大学院あるいは他大学所属の大学院生、PDであることです。原則として、全期間の出席が出来ることを前提とします。希望者多数の場合は選考致します。興味のある方は、こちらで参加資格、申込締切、申込方法をご確認の上、申し込んでください。

 問い合わせ先:慶應義塾大学 松田隆美

  

国立国語研究所プロジェクト「日本語疑問文の通時的・対照言語学的研究」研究発表会

 日時:2015年6月6日(土)14:00-17:40、7日(日)9:30-12:50
 場所:大阪大学豊中キャンパス・大阪大学文学研究科・大会議室(文法経済学部本館・2階北側)
    下記リンク先アクセスマップの4番の建物です。図書館側(北側)入り口からお入り下さい。
     アクセスマップ 
http://www.let.osaka-u.ac.jp/ja/access

 

 プログラム:
  6月6日(土)
   14:10-15:10 Christopher Davis「八重山語における疑問文」
   15:30-16:30 西垣内泰介「「指定文」および関連する構文の構造と派生」
   16:40-17:40 外池滋生「WH疑問文の理論とClause-typing理論の問題点」
  6月7日(日)
   9:30-10:30 井上優「大丈夫ですか?」と“没事??”
   10:40-11:40 張麟声「中国における文頭疑問マーカー型の言語及び方言について」
   11:50-12:50 高山善行「間接疑問文の成立をめぐって―ケム型疑問文を中心に」

 どなたでも参加できます。事前登録不要です。
 問い合わせ先:金水 敏(大阪大学) kinsui_at_ let.osaka-u.ac.jp (_at_ を半角@に置き換えてください)

 

日本語語源研究会 第一回大会
 日時:2015年3月22日(日) 11:00から18:00まで
 場所:九州大学芸術工学部 大橋キャンパス(〒815-8540 福岡市南区塩原4-9-1) 3号館2階

 大会プログラム

 

 ●古代ロシア研究会 月例研究会
時 4月19日(土)14:00より
於 京都大学文学部 7階 スラヴ語スラヴ文学研究室
URL http://www.geocities.jp/kodairosia/
 
問い合わせ先 岡本崇男(
okamoto@inst.kobe-cufs.ac.jp


 

●英語史研究会第24回大会

時    2014年4月12日(土)13:30~17:10
於    兵庫教育大学神戸ハーバーランドキャンパス
参加費  1000円(年会費なし)
懇親会費 4000円(事前連絡要)
問い合わせ先 家入葉子(
iyeiri@nifty.com
詳細 
http://scotland.cocolog-nifty.com/jshell/2014/02/24-eef2.html

 

関連情報
http://scotland.cocolog-nifty.com/jshell/
http://homepage3.nifty.com/iyeiri/jshell/index.htm
http://homepage3.nifty.com/iyeiri/

 


 ●国立民族学博物館 助教
分野 言語学。現地調査に基づく言語研究の経験があることが望ましい。
応募期限 7月31日
詳細 
http://www.minpaku.ac.jp/offer

 

●熊本学園大学 講師または准教授
分野 英語史および英語関連科目
応募期限 8月31日
詳細 
http://www.kumagaku.ac.jp/daigaku/gaiyou/koubo/130522kyouin


●英語史研究会セミナー
時 9月28日(土)15:00~17:30
於 兵庫教育大学大阪サテライト402室
 (大阪大学中之島センター内)
詳細 http://scotland.cocolog-nifty.com/jshell/2013/06/post-9b88.html

 

●ことばカフェ2013/東京
時 8月3日(土)14:00~17:00
於 サロンド冨山房Folio(神田神保町)
詳細 https://sites.google.com/site/kotobacafeuals/
申込み、連絡先 uals.cafe@gmail.com(言語系学会連合事務局)

 

●ギリシア・ローマ神話学研究会
時 7月27日(土)13:00~18:00
於 大阪大学豊中キャンパス
研究会終了後に懇親会開催の予定
詳細 
http://www.let.osaka-u.ac.jp/bungeigaku/meetings.html

 

●古代ロシア研究会
時 7月20日(土)14:00より
於 京都大学文学部 7階 スラヴ語スラヴ文学研究室
研究会終了後に「夕涼み会」開催の予定
問い合わせ先 
okamoto@inst.kobe-cufs.ac.jp

 

●英語史研究会
   時 4 月13 日(土)
   於 広島大学 霞キャンパス
   http://homepage3.nifty.com/iyeiri/jshell/index.htm
   お問い合わせ先:家入葉子先生(京都大学)
   yiyeiri3@yahoo.co.jp(@は半角に)


●古代ロシア研究会
   時 3 月23 日(土)
   於 京都大学文学研究科
   http://www.geocities.jp/kodairosia/
   お問い合わせ先:岡本崇男先生(神戸市外国語大学)
   okamoto@inst.kobe-cufs.ac.jp(@は半角に)


●国際シンポジウム「樹について考える」

   日時:2013年2月10日(日) 9:00~18:30

   場所:国立民族学博物館 第4セミナー室

 

  言語の系統関係を示すために用いられる系統樹モデルには、さまざまな問題点
  があります。本シンポジウムでは、系統学、生物学、遺伝学等、系統関係モデ
  ルを操るさまざまな分野の専門家と一緒に、言語の系統研究において「樹」と
  いうモデルをつかう意味を再考します。

 

  講演者
  セーレン・ウィッチマン(マックスプランク進化人類学研究所)、木村亮介
  (琉球大学亜熱帯島嶼科学超域研究推進機構)、三中信宏(農業環境技術研究
  所)、ウィーラ・オスタピラト(タイ・マヒドール大学)、吉田豊(京都大
  学)、ローレンス・A・リード(ハワイ大学)、シヴァ・カリヤン(ノーザン
  ブリア大学)、斎藤成也(国立遺伝学研究所)

  詳細につきましては以下をご覧ください。
  http://www.minpaku.ac.jp/research/activity/news/rm/20130210